愚か者日記

ぼろくそに書きなぐりブログ

働きたくない病

 

 今日一日働きたくないという気持ちが大きかった。

  よくこういう日があります。

  いつも心の中には今の仕事を辞めたいという気持ちがあるのですが月末で仕事が忙しくなったり上司に怒られるとなる。なぜわたしが今の仕事を辞めたいか、その理由は次の2つです。

  ①給料が低すぎる。 

  金融機関って割とたくさんお金がもらえるイメージあるでしょう。しかし、地方の単位農協はめちゃくちゃ低い。私の去年の年収は額面250万くらいです。ボーナス込みで。幸いにもうちの農協では共済の個人ノルマはありません。しかし、一年を通して、強制的に買わせられるものはあります。これで手取り額は実質的に月平均で10000円くらいは下がります。自由に使えるお金がないと心が卑屈になりますよ…。

 さて、全国の地方農協で横領が頻発している最大の理由は給料の低さにあります!もし農協が地銀と同程度の給料水準ならばこういう事件は少なかったはずです。だって給料が高いならば、横領する必要がなくなりますよね。月に手取りが10万円以下の生活を想像してください。そりゃ客の金使いたくなるんじゃねえのか。いくら職員に対してコンプライアンス云々と言ってもあまり意味がないでしょう。横領がばれて解雇されたとしても、農協よりも給料が高い仕事に行けばいいだけですから。農協クビになって後悔することは無いと思いますよ。お金を扱う仕事ならばそれ相応の給料を与えるべきだと思いますがね…。

 もしも今の仕事でインセンティブがあればもう少しやる気を出します。例えば、貯金額や融資額を増やせばいくらもらえますよ。頑張った分だけ報酬として報われるならば。また、その基準が納得できるものであるならば一生懸命仕事するでしょう。ところがそういうことは無いです。やってもやらなくてももらえるお金が変わらないのであればやらない。金がすべてと言っていい。

 

 ②人間関係がアレ

 他の部署には割と気が合う友人はいます。しかし、私の勤務する部署にはいません。去年に配属されて一年間は最悪でした。その部署は閉鎖的で、外部からはどういう雰囲気か分かりません。だから、私の苦しみを外部に訴える手段がなく死にそうでした。四面楚歌状態です。今考えると原因は私にある可能性もあります。ただ私だけが悪者にされるのはさすがにおかしいと思います。これは今でもそうですね。だから私のモチベーションは低い状態が続いています。褒められることは少ない。合わない相手とも仕事だから仕方なくつき合わなければならない。

 仕事を気分良くするために人間関係は大切です。給料が少々低くても、人間関係が良かったら仕事を辞めたくならないかもしれません。同じ部署にせめて一人、気の合う同僚がいれば私の気分もだいぶ違ったのですが。毎日気を遣わないながら、余計なことを話さないようにしています。

 

 楽しくもなんともない仕事をしながら、合わない人間とつきあい、低賃金で働く日々です。いったい私は何のために生きているのかいつも考えます。とりあえず予定として、12月に2回目のボーナスをもらったら辞めます。それまではなんとか我慢して働くつもりです。